前編)トイレットペーパーを神殿の柱のように飾るグッズ

 

一人暮らしでトイレに棚がないので、トイレットペーパーをタテに積んでいました。それが『柱』に見えたので、ギリシャ神殿の柱風の飾りを作成してみました。
上下は同じものです。baseのショップminneにて販売中。

(思い入れが強くて長くなったので前後編に分けました)

最初の試作品は、2019年秋のArt-Palの展示会に出展する作品として制作。まず形状を決めて、スタイロフォーム(発泡スチロールの塊のようなもの)で形状を製作。(下の写真。生活感がありすぎてスミマセン・・・)

このままでは作品にならないので、表面に何かを塗りたい。どうするか考えていたところ、どこかで見た「張り子」を思い出し、「トイレットペーパーだし、紙を貼ったらいいかなー」ぐらいの気持ちでいろいろ調べました。

そうしたところ、『張子紙』なる専用のものがあると知りますが、高いのと安いのとある。どう違うんだ?と思ってさらに調べると日本橋に江戸時代から続く和紙の専門店があって、そこに実物があるっぽい。さっそくその「小津和紙」に行ってみました。

その店は3Fに博物館的なものもあったりして相当テンションが上がる店ですが、そこで店員さんに話を聞き、張子紙を入手。ネットでも調べつつ、さっそく作成。これ、表面がめちゃくちゃ面白い。

以前の作品で「見ざる着飾る岩猿」ってのを作りましたが、これなら岩を表現できそう。ただ、今回はそれではないので、その上にジェッソを塗って仕上げ。

おおっ、見事に石こうなどの白い石製に見える。というわけで、まずはこれで2019年にArt-Pal、その直後のデザインフェスタに出展。デザインフェスタでは数点作成して販売しました。

ただ、これ作るの週末2回ぐらいかかります…。そうすると、注文が入っても作りたくない、という段階。ただ、見た人はとても喜んでくれたので、これは何とか量産したいなあと考えました。

プロダクトデザイナーの経験者なら共感する人も多いと思うのですが、自分で考えたものを量産するのって一つの夢なんですよね。デザイナーをやってるとクライアントが作りたいもの、より使いやすいものをデザインして量産する機会はあっても、自分で思いついて作りたいものを作る機会はほとんどない。先行開発の提案でモデルは作ることはあるかもしれませんが、それも形だけで終了します。

過去の作品でも何度か量産は挑戦したのですが、結局量産できず。今度こそ量産してみようと決心し、方法をいろいろと検討。一応、成型で抜けそうな形にはなってる。ただプラスチック成型の金型は高すぎるし、先日「スミファ(墨田区町工場ファクトリーツアー)」で見た塩ビは小ロットで作ってくれるって言ってたし、無理な形も抜けるらしいけど、、、

と、悩んでいたところ、以前にWebで見かけてチェックしていた『紙を溶かして成型する「ペーパーモウルド」』という技術をふと思い出しました。検索して探すと、愛知県に工場がある。さらに、そのホームページにはデザイナーの作品にも携わったことがある、とある。これなら小ロットでも受けてくれるかも、と思い、連絡。名古屋に出張に行く機会があったので、そのついでに作品を持って訪問してきました。

(長くなってきたので、2回に分けます。後編はこちら